メイトの漫画まとめ速報

漫画は生活の癒し!人気漫画の最新情報・感想と魅力をお届けします。当ブログでは電子書籍にはまった筆者が、新刊や面白い漫画のまとめをネタバレ込みで紹介していきます。面白い漫画探しの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画ネタバレへ
にほんブログ村

本ブログにはプロモーションが含まれています

トー横問題をピックアップ!東京貧困女子。11巻をネタバレ込みで解説、本当の救いとは

注:本ページにはプロモーションが含まれています。

 

 

 

DMMプレミアムは新作アニメ見放題作品数NO1!! 一ヶ月無料 登録後即550P付与で実質2ヶ月無料 お勧めなサービスです。

 

★初月無料のDMMプレミアムで550円分ポイントを貰ってお得にコミックも読む★

マンガBANGブックスは初回限定【90%OFF】クーポンコード配布中!

マンガBANGブックスは2回目以降のご利用でも【40%ポイント還元】

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

東京貧困女子の最新刊11巻が発売されました。
今回のメインテーマはトー横です。

居場所がなく、仲間がいる場所に集まった彼女達。
でもそこでも競争は起きる。
社会問題となったトーヨコで実際は何が起きているのか、少女達をメインに絞って語られます。

女性の問題は自己が確立していない、若いという時期の価値が一番高いこと。

昔なら結婚や出産が幸せとわかりやすかった。

共存が前提なので、支え合うパートナーがいたから。
幸せの形は何であるか、そのルートがバラけてしまったのも貧困の問題なんだと思います。


この本でわかること

  • 放置だけが貧困の元ではない
  • トー横は甘い毒
  • 自分のモデル、見本となる大人の存在は大切
  • 輝ける場所はその人次第、思い込みで居場所は奪われる

本当の救いは自分がやりたい事に気がつける社会、でもそれが家庭依存である以上、問題は必ず発生する。


東京貧困女子。11巻のあらすじ

 

東京貧困女子。(11)


「立ちんぼ」で体を売り続ける18歳家出少女、「トー横」に居場所を求める少女たち、夢を奪われたグラビアアイドル…この貧困は決して他人事ではない--。

共通するのは、成長したどうなった方がいい、モデルとなる大人に出会わなかったこと、この問題のネックはその人だけではどうしようもない事です。

だからこそ支援や支えが必要とされるのですが・・・。

 

東京貧困女子。11巻の内容

東京貧困女子。(11)

DMM25%還元 東京貧困女子11巻を読む

兄の暴力、母の暴力、否定され続けた彼女の逃げた先は出会いカフェ
目標は家から逃げること
「教育指導による小どもの心の貧困」問題

第81話 堀之内環奈(3)

第82話 堀之内環奈(4)


トー横封鎖 残された少女達はどうなったのか?


第83話 宮野寧々(1)

第84話 宮野寧々(2)

第85話 宮野寧々(3)

第86話 宮野寧々(4)


女性は同じ女性に居場所を奪われる

第87話 山内美麗(1)


東京貧困女子。11巻のポイント

東京貧困女子。(11)

DMM25%還元 東京貧困女子11巻を読む

  • 「教育指導による小どもの心の貧困」問題
  • ネグレクトがあると、子は居場所がなくなる
  • トー横の闇は優しいこと
  • 支えが欲しい彼女たちは、アイドルに騙される・・・ホスト問題に近い
  • 輝ける場所はその人それぞれ、強行して奪うとどうなる?


東京貧困女子。11巻の見どころ

東京貧困女子。(11)

DMM25%還元 東京貧困女子11巻を読む

84話ではトー横キッズたちの、大人達への印象が語られました。

うちらが不幸って決めつけて 助けてあげるのが優しさだって思い込んでる
優しそうと思われるのが、あの人達にとって幸せ
本当に助けて欲しい時には助けてくれない
自力でみつけた居場所に土足で入ってきて勝手に同情とか、余計なお世話

理想的な家庭は、子がやりたいように成長を支援します。
問題がある家庭は

  • ネグレクト(育児放棄
  • 押し付けや思い込みが強い
  • 暴力行為がある

そんな傾向があります。


幸せの形は色々ある、それを学ぶことが大切なんでしょうね。

 

感想・レビュー

東京貧困女子。(11)

DMM25%還元 東京貧困女子11巻を読む

自分から家を出た彼女達にとって、相談に乗ると笑顔で近づく大人は邪魔でしかないです。
結局、家に問題があって出ているのに、最終的には家に戻ることになるから。
本当に家庭って大事です。

 

仲間がいるトー横は居心地のいい場所です。
地方都市にも、家に居場所がない人が集まる店は多い。
トー横は人数規模が大きいだけに、色々な欲望も煮詰まり、最終的に搾取されてしまうんですね。

 

自分が何であるか、自分自身で決めるのは難しく、環境が大切。
この東京貧困女子は色々なケースで気づかせてくれます。
今回も切なく、泣きたくなるような一冊でした。

まとめ

東京貧困女子。(11)

DMM25%還元 東京貧困女子11巻を読む

シリーズ名    東京貧困女子。
作家       中村淳彦 小田原愛
掲載誌・レーベル ビッグコミックス
出版社      小学館
ページ数     196ページ
配信開始日    2024/05/30 00:00