メイトの漫画まとめ速報

漫画は生活の癒し!人気漫画の最新情報をお届けします。当ブログでは電子書籍にはまった筆者が、新刊や面白い漫画のまとめをネタバレ込みで紹介していきます。面白い漫画探しの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画ネタバレへ
にほんブログ村

本ブログにはプロモーションが含まれています

信長のシェフ 36巻ネタバレまとめ!!ついに本能寺の変へ、今回はケン最大のピンチ

 

始めてDMM電子書籍を使う人限定には90%OFFクーポンもプレゼント!

DMMプレミアムは新作アニメ見放題作品数NO1!! 一ヶ月無料 登録後即550P付与で実質2ヶ月無料 お勧めなサービスです。¥

 

★初月無料のDMMプレミアムで550円分ポイントを貰ってお得にコミックも読む★

織田信長明智光秀、二人にとっては避けられない本能寺の変
ついにこの時がやってきてしまいました。
36巻では信長のシェフであるケンがどう干渉するか、時代を変えることができるのか
注目の巻です。

 

信長の行く末をみたい、そう望むケンは光秀の謀反を止めようと尽力しますが、あちらが上手であったのか、あちこちで邪魔をされ光秀の謀反を防ぐことは出来ませんでした。

史実どおりに信長は消えてしまうのか、生き残るのか・・・疑問を感じる巻となっています。

 

本記事のポイント

  • ケンは料理人でしかなかった
  • 色々な思惑が絡み、奇跡は起きる
  • 分かり合う、懐を割って話すのは大事だった

以上です。

★信長のシェフ36巻立ち読みはこちらから★

★DMMプレミアムでお得に読む★

信長のシェフ 36巻のあらすじ

信長のシェフ 36巻

 

梶川卓郎による漫画『信長のシェフ』の第36巻では、ケンが毛利との和睦を取りまとめ、本能寺のある京へ向かいます。しかし、そこには光秀の罠が仕掛けられていました。また、信長への謀反を知らせる品を託された楓も、光秀により京への関所で足止めされます。


ケンと望月さんは共に本能寺を信長の元を目指します。ケンの矢は、楓を通じ最後の頼みの綱へ届きます。ケンが未来から来たこと、光秀の謀反を伝えたことで、史実より早く軍勢を率いて移動を開始し、ついに京に辿り着いた秀吉は、煙たちのぼる京に踏み込んでいきます。

信長のシェフ 36巻の内容


第294話 謀反人

ケン、光秀に謀反人の疑いをかけられる

第295話 届け簪

第296話 最後の手段

第297話 追いついた背中

ケン、ついに明智光秀を発見、追いつくが・・・

第298話 朝もやの行軍

第299話 この時代に生きる意味

謀反を止められないのなら、何故来たのか・・・!

第300話 届かぬ思い

信長VS光秀

第301話 自責

おまけ
戦国めし
戦国地図

 

ケンは始めて銃を持ち、明智光秀に構えますが、この時代の銃は扱いは独特

光秀に「銃の扱いの一つも覚えていれば・・・」と悔やまれます。

ですが、ケンは料理人、このチャンスを生かせなかったのは、仕方ないことだと思います。

★信長のシェフ36巻立ち読みはこちらから★

★DMMプレミアムでお得に読む★

信長のシェフ 36巻のみどころ

信長のシェフ 36巻

見どころは301話の自責

この自責は織田信長の長男、信忠のものです。

 

信忠は油断しました。

「もう織田に敵はいない、一日二日父上と共に在っても問題なかろうと」

信忠の思う自責は

  • 嫡男と当主を一度に討つ機会を作ってしまった
  • それを有力武将に漏らしてしまった

その2点、でも仕方ない油断だと思います。

まさかのタイミングでの謀反でしたから・・・。

 

最大の見どころは本能寺が落ち、京に火災が発生、ケンが中に入ろうと苦心しているところ・・・まさかの羽柴秀吉軍登場!!

史実では織田信長、信忠が討ち死にした事を急報で聞き、即上洛した羽柴軍。

まさかの本能寺の変の最中での登場です!!

 

まだ信長は炎に包まれたシーンまで、信忠は生存しています。

もしかしたらなんとかなるかもしれない・・・そんな期待をもたせる迫力あるラストシーンでした。

秀吉、めっちゃカッコよくなってる✨

 

見どころは301話の自責ですが、印象に残ったのは間違いなく第300話 届かぬ思いでした。

信長VS光秀

言っても仕方ないと思って伝えなかった信長
このままでは上様が貶められると思い、軍を上げた光秀

すれ違いの末に、このような謀反が起こる結末になってしまいました。

謀反に対し
「ついこの間まで一緒に戦ってたじゃねえかよぉお」

森蘭丸と織田配下、悲痛な叫びが本能寺に響く・・・

是非コミックで見て欲しいです!

信長のシェフ 36巻

★信長のシェフ36巻立ち読みはこちらから★

★DMMプレミアムでお得に読む★

 

史実の本能寺の変について

本能寺の変は、1582年6月2日(天正10年)に明智光秀が謀反

  • 明智光秀は、亀山城から出発し、中国地方で戦闘している友軍への援軍
  • 信長は、本能寺に宿泊中、織田軍の勢力範囲であることから連れてきた兵の数はわずか
  • 明智光秀は、朝5時頃に本能寺を襲撃、光秀の軍勢は約1万人
  • 信長は自害、信長の長男である織田信忠も襲撃され、自害しました。

このような流れで信頼されていた将である明智光秀であるが故に成立した反乱でした。
松永弾正とかじゃ、絶対無理だったでしょう💧

 

信長のシェフ 36巻の感想・レビュー

光秀の謀反は知っていたケン、ですが明智光秀の人柄を知っていると謀反のイメージはわきませんでしたが・・・。

謀反を起こすのを確信し、行動を始めるが光秀には先手を打たれ、謀反人として疑われてしまい、手配されてしまう。

 

結局、本能寺の変は史実どおりに発生。

ただ光秀の思いは単に天下を取りたい、のではなく、あくまで上様のためのものでした・・・

 

人間分かり合うために言葉を尽くすのは大切である、本当にこの事が染みる一巻になりました。

 

ちなみにこの巻ではケンは料理しません(笑)

信長のシェフ 36巻のまとめ

信長のシェフ 36巻

信長のシェフ36巻 コミック情報

シリーズ名      信長のシェフ
作家         梶川卓郎
掲載誌・レーベル   芳文社コミックス
出版社        芳文社
ページ数       199ページ
配信開始日      2023/12/14 00:00

立ち読みはこちらから

★信長のシェフ36巻立ち読みはこちらから★

★DMMプレミアムでお得に読む★